AGAの原因を探る!薄毛の原因はヘアサイクルの乱れ!

ヘアサイクルの乱れは薄毛の原因になります。ヘアサイクルが乱れるとAGAを呼ばれる男性型脱毛症になります。抜け毛対策を考えるならまずは、どうして抜け毛が増えたのか知る必要があります。原因を知ることで自分にあったAGA対策法が見つかります。

*

AGAの原因を知って早めの対策を

AGAの原因はヘアサイクルの乱れ

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略称で、日本語では「男性型脱毛症」と言います。この原因の一つがヘアサイクルの乱れで、健康な頭皮環境が保たれていれば問題ありませんが、環境が乱れてしまうと薄毛の原因となってしまうのです。

髪の毛は放置しておくとどこまでも伸びると思われがちですが、実際は一定の期間が過ぎると抜け落ち、同じ毛穴から新たな毛が生えてくるようになっています。この一連の流れをヘアサイクルと言います。

髪の毛の総本数は約10~12万本と言われていて、1本1本が異なる周期で成長します。1本ずつ周期も異なるということは、抜けるタイミングも異なるというわけで、通常は一気に髪の毛が抜けてしまうことはありません。

しかし、ヘアサイクルが乱れると成長期が短く休止期が長くなり、髪が十分に成長しない内に抜け落ちてしまうのです。この状態では生えてくる髪よりも抜け落ちる髪の方が多くなり、生えてきても短くて細いものが多くなってしまいます。

そうなると髪全体のボリュームが減り、地肌が見えてしまう薄毛の状態に繋がってしまうというわけです。そのため、薄毛が気になる人は、頭皮や毛根を健康に保つことが大切であると言えます。

AGAの原因は生活習慣の乱れ

薄毛が遺伝するのは事実ですが、遺伝的要素がなかったとしても、不規則な生活習慣が原因でAGAの発症に繋がってしまう可能性は誰にでもあります。睡眠不足や栄養バランスの偏った食事、運動不足等がAGAを発症する大きな要因になると考えられているのです。

脂質の多い食事や喫煙は、頭皮の余分な皮脂を増やしたり血の巡りを悪くさせる為、健康な髪に必要な栄養素を頭皮や毛母細胞に行き届くのを阻害します。また、過度のアルコールの摂取も髪の毛が成長する為の栄養素を破壊してしまいます。

そのため、脂質や糖質の多い食生活を送っていたり、飲酒・喫煙を頻繁にする人やストレスが溜まりやすい環境にある人は注意が必要と言えます。仕事の影響で食事の時間や睡眠の時間帯が定まっていない人は、不規則な生活習慣が身についてしまい、薄毛の危険性が高まる傾向が強いです。

逆に言えば、規則正しい生活習慣を身につけることで、健康的な髪の毛が育つ体質になることが可能ということになります。つまり、たんぱく質やビタミン類・亜鉛等を摂取することを意識しつつ栄養バランスの良い食事をして、なるべくストレスを溜め込まない生活を送ることが健康的な髪の毛を育み、AGAの予防や改善にも効果的であると言えます。

AGAび原因は頭皮の状態が悪いため

AGAの原因には脱毛酵素の5αリダクターゼが最も関係していますが、頭皮トラブルも大きな要因となっています。よくあるのは合わないシャンプーを使用することであり、頭皮が不安定になってきたら注意が必要です。

過剰に皮脂が発生したり乾燥したりする状態はいずれもよくありません。不安定な状態が継続すると抜け毛が増えてくるので、早めに対処をしなくてはいけません。頭皮状態を改善するためには、育毛シャンプーに変えるのがおすすめです。育毛タイプはアミノ酸系が多く、頭皮に栄養を与えながら優しく洗浄をしてくれます。

洗浄力の強すぎるシャンプーは乾燥を招きますし、乾燥からオイリーになることが多いので注意してください。乾燥とオイリーは真逆の状態にありますが、過度の乾燥はバリア機能を低下させるため頭皮が皮脂を過剰分泌させることになります。

皮脂量を安定させるためにも、洗髪のしすぎには注意をしてください。必要に応じてコンディショナーを使用して潤いを与えることも大切になるでしょう。頭皮トラブルを放置しておくと抜け毛が増えたり、髪が全体的に細くなったりします。AGAは進行性の薄毛なので、自覚症状を感じたら1日も早く対策をする必要があります。

AGAの対策は早めに行う

AGAは進行性の薄毛なので、原因を放置している限りは自然治癒しないと考えてください。早めの対応が必要なので、1日も早くAGA専門クリニックで検査を受けましょう。原因がわかれば治療法を確立できますし、セルフケアのアドバイスも受けられます。

保険による治療が効かない問題はありますが、薄毛は病気とは判断されないので仕方ありません。炎症・かゆみを伴う皮膚疾患は保険対象となりますが、薄毛に関しては美容の問題と認識されています。つまり目元や鼻整形に保険が使えないのと同じであり、全額自己負担になることは知っておきましょう。

AGAの進行スピードは人によって異なりますが、急激に進行してしまう方もいます。放置しておくとあっという間に薄くなってしまうので、抜け毛が増えてきたら注意してください。髪全体の密度が薄くなるタイプの薄毛に対して、前頭部・頭頂部を中心に薄くなっていくのが特徴です。

これは男性ホルモンに由来する脱毛酵素の5αリダクターゼが影響しているためです。自然治癒しないのが特徴ですから、早めの対応によって抜け毛を止めていきましょう。抜け毛を減らすことによって頭皮が元気になれば、少しずつ毛量が復活していくはずです。

手遅れにならないように早めの治療を心がけて下さい。

公開日:
最終更新日:2018/06/18