AGAの原因を探る!薄毛の原因はヘアサイクルの乱れ!

ヘアサイクルの乱れは薄毛の原因になります。ヘアサイクルが乱れるとAGAを呼ばれる男性型脱毛症になります。抜け毛対策を考えるならまずは、どうして抜け毛が増えたのか知る必要があります。原因を知ることで自分にあったAGA対策法が見つかります。

*

薄毛は遺伝する可能性がある!家族の中に薄毛がいたら注意

   

家族で薄毛の人が居たら要注意

年齢を問わず髪の毛が薄いことは、男性にとって深刻な悩みとなります。特に母方の祖父に薄毛が見られる人は注意と対策が必要です。これまで髪の毛に関する症状の原因は生活習慣にあるとされてきました。

しかし研究が進むに連れて判明したことは、遺伝的要素が大半を占めるということです。たとえ身近な家族にAGAの人がいなくとも油断してはいけません。世代を隔てて身体的要素が伝わってしまうこともあります。

男性の場合染色体を母親と父親の両方から受け継ぐことになりますから、潜在的リスクも2倍です。母親には当然ながら女性ホルモンが豊富なので薄毛の症状がでないことも少なくありません。

それだけに可能性に気づきにくく発覚が遅れることも考えられます。母方の祖父が要注意と言われるのは、このためです。原因を正しく把握すれば常に効果的な対処を実施することができます。薄毛の遺伝が疑われる場合には、速やかに専門機関の診察を受けていきましょう。

AGAは遺伝によって起こる

潜在的リスクを調査する手立てとして、遺伝子検査は人気が向上しています。今は専門委員にかからなくとも自宅で手軽に受けることも可能です。病院であっても結局は調査機関に託すことになります。

それを考えれば施設によって精度が大きく変わるとは言えません。遺伝が大きな原因を占めることはAGA治療における常識です。事前に可能性を知ることができれば早期治療にも結びつけることができるのでしょう。

とはいえ遺伝子検査は未だ研究段階にあることも事実です。そのため結果が即ち決定的な要素となるわけではありません。もしリスクが発覚しなくとも隠れた薄毛遺伝子が隠れていることも考えられます。

原因発覚の有無にかかわらず、AGAに関心を持ち続けることも男性にとって大切です。治療の主流となる投薬には身体的な相性も存在します。体質を正確に計るためにも、検査と問診をしっかり行うことが健やかな髪の毛への第一歩です。若い頃に治療を始めることができればそれだけ効果も高まります。