AGAの原因を探る!薄毛の原因はヘアサイクルの乱れ!

ヘアサイクルの乱れは薄毛の原因になります。ヘアサイクルが乱れるとAGAを呼ばれる男性型脱毛症になります。抜け毛対策を考えるならまずは、どうして抜け毛が増えたのか知る必要があります。原因を知ることで自分にあったAGA対策法が見つかります。

*

薄毛治療はAGAの詳しいメカニズムを知ることが重要

   

AGAのメカニズムを知ろう

鏡を見たらいつのまにか後退している生え際や、薄くなってきている頭頂部は男性特有の脱毛症で、一般的にAGAと呼ばれています。

一昔前までは加齢によって起こる薄毛とされていましたが、実際には栄養状態や年齢には関わりがなく、若いうちから徐々に髪の毛が薄くなったり、抜け毛が増えてくるなどの症状が特徴です。この症状が現れると、市販されているシャンプーや育毛剤では改善が難しいため、専門的な医療機関で診察を受け、毛根への直接的なアプローチが必要になります。

誰もがすぐに髪の毛を取り戻したいと願うのは当然ですが、残念ながら髪の毛に関わる問題であり、現在の医療技術では即効性のあるものはありません。半年または1年以上の治療期間が必要になるのですが、どうしてそれだけの期間がかかるのか理解しておくことが大切になります。

AGAの原因は男性ホルモンであるテストステロンと密接な関係にあり、根本的な治療のためには詳しいメカニズムを知ることが重要です。

AGAの原因は5αリダクターゼ

AGAには男性ホルモンであるテストステロンが関係してきますが、単にホルモンが増加しただけでは薄毛の状態になることはありません。薄毛や抜け毛が起こるのは、テストステロンが変化してジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンになることが原因です。

このホルモンが毛乳頭で活性化することで、毛根の活動を抑え、髪の毛が伸びることや生え替わりといったヘアサイクルを狂わせることになります。ジヒドロテストステロン自体は男性ホルモンの一種であり、存在することは問題ありませんが、頭皮に異常分泌することで薄毛の原因となります。

異常分泌はテストステロンと毛乳頭に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素が結合することで起こり、これをスイッチとして抜け毛が発生するようになります。

そのため、AGAは男性ホルモンの分泌量にはかかわりがなく、改善するにはホルモンをどうにかするのではなく、変化させる5αリダクターゼの制御が基本と言われています。