AGAの原因を探る!薄毛の原因はヘアサイクルの乱れ!

ヘアサイクルの乱れは薄毛の原因になります。ヘアサイクルが乱れるとAGAを呼ばれる男性型脱毛症になります。抜け毛対策を考えるならまずは、どうして抜け毛が増えたのか知る必要があります。原因を知ることで自分にあったAGA対策法が見つかります。

*

AGAはストレスや新陳代謝が低下などが原因の場合も

   

日々のストレスでAGAになる

AGAは、思春期以降の男性が発症するもので、主に男性ホルモンのテストステロンが原因であるとされています。直接的には男性ホルモンが関係していますが、間接的にはストレスも関係しています。

ストレスを感じることによりホルモンバランスが崩れ、過剰な血管の収縮を招き頭皮の血流が悪くなるので、髪の毛に必要な栄養が行き届かない状態になってしまいます。

髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなると髪の毛の成長が妨げられ、結果的にAGAの進行を早めることに繋がるというわけです。また、食事や生活習慣も原因として考えられます。

栄養バランスが偏った食生活や睡眠不足が続くと、身体の新陳代謝が低下して、頭皮の状態にも悪い影響を及ぼしてしまうのです。そのため、抜け毛や薄毛の進行を悪化させないように、日頃からあまり溜め込み過ぎないように適度に運動したり趣味の時間を設けることを心がけ、効率的に発散できるようにすることが大切であると言えます。

頭皮の血流が悪くなり薄毛が進行する

タバコによってイライラを軽減させているという場合は、これを断ってしまうことでさらにイライラが増していくことが考えられます。その結果、ストレスを溜め込んでしまい発毛を阻害することにもなりかねません。

その性質がどのようなものであっても、人間の身体機能の様々な部分を停滞させてしまうもので、血流・代謝・内蔵機能等に悪影響を与えてしまいます。身体全体に影響するということは、頭皮の毛根に行き届く血流も貧弱になってしまうということに繋がるので、発毛を妨げる原因になってしまうというわけです。

健全な発毛には血流をスムーズに行うことは不可欠な要素で、毛根に栄養や髪の毛の原料になるものを届けることにも繋がります。つまり、血行を改善することで毛細血管の血流が活発になり、抵抗力が向上して雑菌等の外部のものから身体を守る能力も向上するということです。

慢性的なストレスは頭皮の血流を悪化させることにも繋がるので、AGAを予防する為には血流を阻害するタバコ等は、なるべく控えた方がいいと言えます。